2007年11月17日

首イボの原因

首イボ原因

首イボ。どうしてできるのでしょうか。
物事には原因があって、結果があります。

首イボができる原因が分かれば、対処の仕方、治療の仕方なども少しずつ見えてくるのではないでしょうか。

ちなみに、イボには様々な種類があるそうです。
老人性イボ、伝染性のイボ(水イボ、というそうです)。
魚の目などですね。

首にできる細かいイボのことを、首イボ、といいますね。
ほかには首イボのことを、アクロコルドン、などともいます。
なんだか嫌なイボ、ですが、大きさは数ミリから。小さなイボ(いぼ)ですね。
イボは、ウイルス性だそうです。
空気中に漂っているウィルスに感染したり、プールなどでタオルを介してウイルスに接したりなどすることで、首や胸などに出てきてしまうのだそうです。

また、イボが出来やすい体質、というのもあるようですよ。
実際、同じようにウィルスに触れても首いぼ、が出来てしまう人もいれば、出来ない人もいるらしいです。

では、首イボが出来た場合にはどうしたら良いのでしょうか。
治療法や改善方法などについて、探ってみたいと思います。

また、首イボがひどく気になる場合には、やはり専門医、皮膚科で一度診察を受けると良いと思います。
専門知識を持った人に聞くのが一番、だと思います。

続きは次の記事で。

【関連する記事】
posted by てる at 18:55| 首イボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。